HeavyNovel |二次創作小説・Web小説サイト

二次創作小説やWeb小説などを取り扱っています。

二次創作小説やWeb小説などを取り扱っています。

ヒルビリーとレイスの三角関係十六日目

f:id:tableturning:20161103151605j:plain

女の部屋の扉が叩かれた。女は即座に戸を開ける。そこには焦った様子のヒルビリーがいた。

「どうしたの?」

「ごめん、今夜から絶対オレに近寄らないで」

「え……なんで」

戸惑った様子でヒルビリーを見返す。

「いいから絶対に近づかないで。部屋には鍵をかけて」

ヒルビリーは早口でそう言った。

「何をいってるかわからない……」

「仕事が入ったんだ。しかも連日、かなり長い期間人を殺すことになる」

女は押し黙った。

「なんならレイスの家に行ってもいいから」

「ううん。ここにいる」

女は即答した。

「あなたを信じてる」

「分かった」

ヒルビリーは背を向けた。

「一応レイスにも様子を見てもらうように伝えとくから」

早足でその場を後にするヒルビリー。女は立ち去るヒルビリーの背を見守っていた。