HeavyNovel |二次創作小説・Web小説サイト

二次創作小説やWeb小説などを取り扱っています。

二次創作小説やWeb小説などを取り扱っています。

1日目 朝の食卓

f:id:tableturning:20161103151609j:plain

朝起きると珍しくレイスが起きていた。眠気の宿る状態で食卓につく。レイスは心なしか浮き足立った様子だ。エプロンを着用し皿を手にフィルの元へ近寄ってくる。

「おはよう!マイハニー。朝ごはんを作ってきたよ」

その言葉にフィルの眉が潜む。

「誰がマイハニーだふざけるな」

冷静な否定。暗い声でフィルは吐き捨てる。レイスは少しだけ残念そうな顔をする。

「はい!朝ごはん!」

レイスは作った食事をテーブルに置いた。よく分からない葉っぱと黄色い花が添えられた雑草臭いサラダだった。

「なんだこれは」

思わず呟いた。

「サラダだよ。うまく作れたなあ」

フィルは葉っぱの塊をまじまじと見る。触る気も起きない。

「これ、どこから拾ってきた?」

「外で生えてた葉っぱを使ったオーガニックなサラダだよ!タンポポがたくさん生えてたから」

フィルの表情が凍りつき、その目がレイスをじろりと見る。目は硬直し感情が読めないが他者を軽蔑していることだけは分かった。

「捨ててこい」

「えっ!」

「こんなもの食えるか。元あった場所に戻してこい」

「そんな……一生懸命作ったのに」

レイスは思わず涙ぐむ。手にはタンポポが盛られた皿を持っている。救いの手を願う目でフィルを見つめるがフィルは圧力を持った目でレイスを見ている。

「う、ううっ」

レイスは渋々、皿に盛られたタンポポをゴミ袋に入れた。目に見えてしょげている。背中は猫背に曲がり伏し目がちにテーブルについた。

 

フィルは戸棚からシリアルを取り出し新しい皿に盛っている。恨めしそうにレイスはそれを見る。ただ仲良くなりたかった。その一心で食事を作ったのに冷たくあしらわれてしまった。

「フィルのいじわる」

小さく呟いたがフィルは相手にしなかった。